こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. PBL推進支援センターホーム
  2.  > 組織体制

組織体制

PBL推進支援センターの構成

センター長山田 和人(文学部教授)
副センター長金田 重郎(理工学部教授)
(事務局)教育支援機構教務部今出川校地教務課

センター組織

センター組織図
※画像をクリックすると拡大します。

PBL推進支援センター内規

2009年10月22日 制定

改正 2012年3月1日           2013年2月14日
    2015年3月12日

(設置)
第1条 同志社大学教育支援機構に、PBL推進支援センター(以下「センター」という。)を置く。

(目的)
第2条 センターは、PBL(Project-Based Learning)の推進及び支援を図り、もって同志社大学の教育の進展に寄与することを目的とする。

(事業)
第3条 センターは、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
(1)PBLに関する調査及び開発
(2)PBLの計画、実施、評価に関する支援
(3)上記調査、開発及び支援に必要な図書・資料、情報の収集、整理及び情報の発信
(4)研修会、研究会、公開講座、セミナー、講習会等の開催
(5)同志社大学PBL推進協議会との連携及びその活動に対する支援
(6)報告書等出版物の刊行
(7)その他前条の目的を達成するために必要な事項

(センター長)
第4条 センターには、センター長を置く。
2 センター長は、専任教員の中から学長が委嘱する。
3 センターには、副センター長及び幹事若干名を置くことができる。
4 副センター長及び幹事は、センター長が専任教員の中から指名する。

(運営)
第5条 センターの運営を円滑に行うため、センター委員会を置く。
2 センター委員会は、センター長、副センター長、幹事及びセンター長が委嘱する者若干名で構成し、センター長が議長となる。
3 センター委員会に関する事項は、センター長が別に定める。

(事業費)
第6条 センターの事業費は、別に予算で定めるものとする。
2 センターは、所定の手続きを経て、委託研究費及びその他の寄付金を受け入れることができる。

(事業成果の報告)
第7条 センター長は、年度の終わりにおいて、事業の実施状況を学長に報告するものとする。

(事務)
第8条 センターの事務は、教育支援機構教務部今出川校地教務課が行う。

(改廃)
第9条 この内規の改廃は、教務主任会議及び部長会の審議を経て、学長が決定する。

附則
この内規は、2015年4月1日から施行する。