こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. PBL推進支援センターホーム
  2.  > センター長からのご挨拶

センター長からのご挨拶

PBL (Project-Based Learning) は、近年、大学教育の中でも特に注目を集めている学習方法のひとつであり、多くの大学で導入されつつあります。プロジェクトをベースに展開する参加型・実践型の学習形態であり、一定期間に一定の目標の達成を目指すチーム主体の協調学習とも言えます。同志社大学では、他大学に先駆けてPBLを積極的に正課授業・課外活動に導入し、推進してまいりました。しかしながら、大学におけるPBLは、成績評価基準や評価方法、教室外学習時間の測定方法などの検討がじゅうぶんに行われてきたとは言えません。こうした課題を解決し、PBLを一層推進していくためには、多様なPBLについての方法論的な検証を行い、その成果を教育機関や社会に広く発信していく必要があります。そこで、本学の教育支援機構内に、PBLの理論と実践を推進する拠点として、『PBL推進支援センター』を2009年11月1日に設置いたしました。

社会は、これまでにないスピードで複雑化・グローバル化しています。大学も例外ではありません。また、一方では、モラルハザードやコンプライアンスの欠如が大きな社会問題になってきており、「正しいことを知っている」だけではなく、「正しいことを実行できる」人材が求められています。「社会をより良く生きる」ための教養や豊かな人間性を持ち、問題発見能力、課題解決能力を備えた21世紀型市民の育成が喫緊の課題になっています。

本学が掲げ、目指している、PBLによって涵養されるプロジェクト・リテラシーは、プロジェクトを遂行するために必要なスキル、能力のみを対象にしているのではありません。むしろ、プロジェクト遂行に必要なコミュニケーション力やマネジメント力などのリテラシーを総合的かつ創造的に運用できる能力とモラル(良心)をプロジェクト・リテラシーととらえ、そうしたプロジェクト・リテラシーを備えた人材の育成に努めています。

しかしながら、人材育成は大学教育のみで行えるものではありません。小学校から大学に至る様々な教育機関や社会・地域との協力・連携が不可欠です。本センターの活動は、学内のみに留まらず、他大学との連携はもちろんのこと、小学校から大学等に至る全ての教育諸機関との連携を前提にしています。また、社会・地域が持っている教育力を是非とも大学にご提供いただき、積極的に社会・地域との連携も推進していきたいと考えています。教職員、学生や企業・団体、地方自治体、地域住民のみなさまにおかれましては、本センター開設の趣旨、目的をご理解いただき、その活動に対してご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

2009年11月
PBL推進支援センター長 山田 和人(やまだ かずひと)

PBL推進支援センター長
山田 和人(やまだ かずひと)